★ウンラボ読者限定試供品プレゼント★
トップページへ

投稿者:mega3さん

新年会からお花見、納涼会など季節のイベントや、歓送迎会にプロジェクト完了など
大小問わず飲み会に参加する場面は多いですね。外食にアルコールと便秘の悩みもお付き合いなら我慢する所と思いがちですが、実は少しの意識で便秘解消にも効果的なアプローチができます。
今回はそんな、飲み会で使える便秘解消のアドバイスをご紹介します。

お酒も腸の働きを意識!


料理の前に「食前酒」が用意されているように、アルコールには食道、胃、腸を刺激する作用があります。
お酒を飲むとトイレが近くなる、お腹がゆるくなるといった人もいるように、アルコールは体内に水分を吸収される前に排出されてしまうので、腸に刺激を与えつつ、水分を多く含みながら便秘解消に働きかけます。

ビールやサワーなど炭酸が含まれたものは、炭酸のシュワシュワとした気泡にも腸の運動を活発にしてくれ、
適量を楽しめる人ならオススメです。
また、炭酸はないものの乳酸菌が多く含まれているマッコリ。乳酸菌は腸の善玉菌を増やす効果がありますが、最近ではカクテルやジュースで割るなど、アレンジが効いたマッコリも多く出ているので女性にもオススメです。

おつまみを食べる際に選びたいもの


ついついお肉やパンチのあるアブラっぽいおつまみが、ボリュームもあって男女共に手に取りやすいですが、
腸で考えると、他に比べ悪玉菌が増えやすかったり、食物繊維が少なかったりとオススメできません。

比べますと、枝豆や冷奴、海藻が多くはいった海鮮サラダなどのメニューがより食物繊維も多いです。
いずれもお酒のおつまみとしてポピュラーで選びやすく、また食べやすいものばかり。
「渋いね」なんて言われてしまいそうな、お酒好きな方にはピッタリのおつまみですが、実はこっそり便秘解消にも効果が出せます。

酔い覚ましと一緒に?!


飲み会の帰りには、酔い覚ましがてら1つ前の駅で降りたり、最寄り駅からタクシーを使わず歩いて帰ってみるのもオススメです。便秘には適度な運動が必要ですが、なかなか社会人ともなると時間を作って運動するのも難しい時があります。

とは言いつつ「ながら運動」からまずは身体を動かすことを意識するのも継続の第一歩になるのではないでしょうか?時にはおしゃべりしながら、時には一人考え事をしながら飲み会の帰りに酔い覚ましウォーキングも便秘解消への一歩になります。

いかがでしたか?お付き合いやお酒が好きでと、振り返ればなかなか頻度が高い「飲み会」
楽しみながらも便秘解消を意識したオススメ。次の飲み会でぜひお試しください。


すっきり美人若玄米テスト販売中♪

みんなの便秘対策コラム一覧に戻る
トップページに戻る

【おすすめ記事】